Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/16 20:04:46時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY ベランダ

2×4材で作る!ソーホースブラケットと単管パイプで物干し台をDIY

どうも、むく太郎です。

ベランダの物干しが経年劣化でだいぶ傷んでいました。

汚れや割れ、そして錆びついて…

だったら、自分で新しく作ってしまおうよと。

DIYのメジャーなアイテムだけでそれなりにガッチリの物干しをDIYしてみました。

※動画からキャプチャしていますので、若干画像が粗いです。

 

物干し台、作りました

Simple is best.

そんな言葉がピッタリの物干し台です!

材料は、全てホームセンターで手に入るものです。

メモ

  • 2×4 1500mm 4本
  •  〃   2200mm 1本
  • ソーホースブラケット 1セット
  • 単管パイプ 2000mm×31.8φ
  • ゲンコ 通し 32φ 2個
created by Rinker
ノンブランド(Nonburando)
¥6,730 (2021/10/16 21:13:35時点 Amazon調べ-詳細)

2×4材をやすりがけ

さぁ、まずは木材のヤスリがけ。

今回は予めカットしてあります。

そして、このツーバイフォー材はもとから家にあったもの。

ストックしてだいぶそのままにしていましたから、色合いも古材のようにくすんでいます。

#60くらいのサンドペーパーできれいにしていきましょう。

塗装していきます

ヤスリがけが終わったら、塗装です。

CAINZのオリジナル製品であるこの水性塗料。

たまたま行ったCAINZで安くなっていたので買いました。

他にもこんなタイプの塗料で同じような効果が出ます↓

created by Rinker
アサヒペン(Asahipen)
¥1,807 (2021/10/16 21:13:38時点 Amazon調べ-詳細)

ブラックと書いてありますが、グレーに近い感じに仕上がります。

日向での作業だったので、短時間で乾燥していきました。

いい具合に木目が強調されています。

ここで登場、ソーホースブラケット

以前、組み立て式の作業台をDIYしたときも活躍した「ソーホースブラケット」

created by Rinker
CRAWFORD
¥1,328 (2021/10/16 21:13:36時点 Amazon調べ-詳細)

記事はこちらです。

DIYにも日常使いにも!2×4と組み合わせるだけで作業が抜群に捗るアイテム、ソーホースブラケット!

続きを見る

これに1500mmのツーバイフォー材をグッと置くまで差し込み、ビスでがっちり固定していきます。

側面2箇所ずつ固定していきましょう。

横に渡すツーバイフォー材を挟む山型の刃、触るとケガするので注意。

むく太郎
手袋、必須です
Sponsored Link


これで脚が完成!

あとは、メインとなる物干し竿部分を作っていきます。

単管パイプを物干し竿に

2200mmの長尺ツーバイフォー材は、ここから出番です。

これを土台に物干し竿を取り付けます。

物干し竿も資材から流用しますよ!

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,480 (2021/10/16 21:13:37時点 Amazon調べ-詳細)

長さ2000mm、31.8mm径のメッキ単管パイプを買ってきました。

このパイプも様々なDIYシーンで使えます。

取り付け位置をしっかり墨付けし、チェック。

パイプをセットするのは、これ

ツーバイフォー材にパイプを取り付けるために用意したのは、このアイテム。

created by Rinker
ハイロジック
¥1,173 (2021/10/17 15:12:01時点 Amazon調べ-詳細)

その名も、

むく太郎
ゲンコ

タオル掛けや手すりの固定によく使われています。

これもものすごく優秀で、過去にこんなDIYでも使っていました。

端材でここまで!置くだけでお部屋のアクセントになるアンティークな卓上ランプをDIY!(後編)

続きを見る

墨付けした場所に、ゆっくり丁寧に取り付けていきます。

実際にパイプを通しながら、水平も確認してビス留めしていきました。

パイプセッティング完了

こんな感じで取り付けできればOK!

最後にできあがっている2つの脚にこの物干し竿一式を取り付けていきます!

Sponsored Link


 

ゆっくりブラケットに挟み込めば、完成

ゆっくりとブラケットに片方ずつ挟んでいきます。

2m超えの長さとパイプを着けたツーバイフォー材。

流石に重さもあって、取り付けるのに試行錯誤。

バランスを保つのが難しいので、できたら2人作業で!

さっそく、シャツを干す

こんな快晴のもと、お洗濯はしっかり外で干したい。

じわりと日差しと風が、心地よくシャツを乾かしていく。

想像するだけで気持ちがいいです。

ホントはもっと掛けてみたかったのですが、あいにく洗濯物がこれだけで(笑)

さぁ、今回のDIYをまとめます。

かかった時間とお金はだいたいこのくらいです。

  • 総作業時間=2時間
  • 材料費=2000円~3000円

このツーバイフォーとソーホースブラケットは組み合わせ次第で無限のアレンジが可能です!

ぜひ、好みのサイズで自宅にマッチする男前な物干し台を作ってみてくださいね!

むく太郎
あっ!この制作の模様は、後ほどYouTubeで公開します!

※2019.10.06追記:動画アップしました!※

 

では、じゃばら~

 

-DIY, ベランダ

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.