Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 棚・ラック 端材DIY

木工の基本、ハコモノDIY。シンプルだけど存在感のある雑貨棚の作り方

どうも、むく太郎です。

今更ながらお盆休みもとうに終わり、朝方や夜は半袖では少し肌寒いくらいの気候になりましたね。
もう秋も間近。食欲の秋、心機一転の秋、スポーツの秋。
ぼくは完全にDIYの秋と読書のダブルオータムを推進していきますよ!
それでは今回製作したものはこちら!

シンプルだけど味わいのある雑貨棚をDIY

最近購入した、陶器鉢に収められた植物を、
むく太郎
おしゃれにディスプレイしましょうよ。
というコンセプトで端材をふんだんに利用してみました。

SPF材でハコモノの基本を学びつつ、おしゃれなアンティークラックをDIY!

今回は久しぶりに家にある端材をガンガンいかしてみました。

用意した材料はこちら。

  • 1×4材 1820mm 2枚
  • 木ねじ
  • 8mm径ダボ

材料費は1000円あればお釣りで缶コーヒーが飲めちゃうリーズナブルさ。

寸法はこちらをご参考に。

メモ

  • 上辺・下辺 450mm ×2枚
  • 縦柱    410mm ×5枚
  • 棚板      90mm ×3枚
  • 棚受け支柱 305mm ×1枚
  •   〃   200mm ×1枚
  •   〃     95mm ×1枚

木取したら形をイメージして固定

ステップ式に棚を作ります。
徐々に増えていく?であろうエアプランツや苔玉などの植物をメインで置こうと思いますので、植物の丈によって配置を変えられるように階段を。
もちろん作業工程として、ヤスリがけは丹念に行いました。

クランプで固定し、ビス留め。

形を組んだらスリムビスで固定していきます。
そこで今回初めての試み。
しっかりクランプで固定したら、そう・・・。

ダボでビスの頭を隠してみよう!

f:id:shakesound:20150823203008j:image
そうです。
むく太郎初めてのダボ埋め。
だいぶ前にこのダボ錐を購入していたのです。
ようやくの出番。ではビス留め工程に。

クランプで固定した材に下穴をあける。

このへんはもう基本の作業です。
今回は0.2mmの穴。ぼくは横着してしまいましたが、しっかり接続位置に墨付けしましょう。
ドゥーパに書いてあった「上級者ほどこの下穴空け作業を大事にする。」という言葉をとても大事にしています。
木が割れてしまえば、その時点で作品の質は落ちますもんね。

下穴をあけたらダボ穴を。

続いてダボ穴です。
さっそく錐を電動ドリルにセットして、レバーを引きます。
ヒュンと一瞬のでき事でした。
嬉しさのあまり、ビスを打ち込んだ後に撮影してしまいました。ちょっとズームしすぎましたね笑
きれいにダボ穴があいています。
ここからはもうトントン拍子に事は進みます。

ダボっていいわぁ。

むく太郎
こらぁ、そこのダボ、どけやぁ。
その昔、「デコトラ伝説」というプレイステーション用ゲームソフトがありましてぼくはそこでこの言葉を覚えました。
でもだいぶ意味は違いますが・・・。(ぼくが知っていたダボはドアホが訛ったもの)
よく分からないぼくとダボのルーツはここまでで、本当になぜもっとはやく使わなかったんだと。
そんな思いを胸に接続位置で下穴→ダボ穴→ビス留め→ダボ埋めのループをこなしていきます。
ダボに少量の木工ボンドを塗布しておくとより頑丈に固定されます。

塗装の工程はおなじみブライワックス。

f:id:shakesound:20150823203109j:image
今回も塗装は、オークのオイルステインにブライワックス・ジャコビアンでアンティーク風に仕上げます。
塗り方は以前のエントリをご参考に。

塗る前に埋めたダボ頭はカットしてしまいましょう。

順番が逆になりました。ダボをつけたら、塗る前にカットしましょう。
ぼくはすべて塗ってから切りました。
でもこれが意外にエイジング効果を生み出してくれたのです。

いい感じにエイジングされて、よりアンティーク感が向上。

切ったダボ跡を覆うように再度全面を塗装。ノコ跡がついた板にオイルが染み込んで味が出ました。後はコーヒーを飲んで乾くのを待ちます。

完成!

完成しました。作業時間は塗料の乾燥を含め、半日ほど。

Sponsored Link

比較的簡単に作れると思いますが、木材の反りやねじれをきちんと補正しつつ、固定することがきれいに完成できる秘訣だと思います。
この形を応用して、様々な棚やラック、できるのではないでしょうか。
苔鉢に植えられたキバナジャスミン。
「素直」「可憐」「愛らしさ」の素敵な花言葉を携えて、この端材ラックに素敵な彩りを魅せてくれるのでしょう。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
では、じゃばら!

 

-DIY, 棚・ラック, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.