Sponsored Link

新着記事

DIY ドア・扉

2021/1/25

キャスターで開閉ラクラク!壁と一体型のスライドドアを作る方法

どうも、むく太郎です。 前回は、ぶち抜きの空間に壁を作り、それぞれ独立した部屋にするため「壁」をDIYしました。 その板壁DIYの模様がこちら。 あわせて読みたい そして、今回ご紹介するのは「スライドドア」のDIY方法です! ぼくの家の場合という大前提がありますが、よかったらご参考にどうぞ! 板壁にマッチした「スライドドア」をDIYしていく こちらが、今回完成したモノ。 左側が引き戸になっていて、あの扉を開ければ隣の部屋(お店)に移動できるというシステム。 前回に引き続きで、こちらが壁とドアの簡易図面です ...

ReadMore

DIY マイルーム改造作戦

2021/1/25

憧れの板壁をDIY!材料費15,000円でできるオシャレな板壁作りにチャレンジ

どうも、むく太郎です。 むく太郎壁ってDIYで作れるのだろうか? 今回DIYする場所は、もともと区切られていた部屋の壁を壊して、リノベーションした民家。 ですが、再度壁がほしいよねという話になり、いざDIYすることに。 そしてできたのがこちら。 理想としては、板壁のおしゃれな感じという妻の要望に応えられるように考えた「壁づくり」のやり方をご紹介します。 まずは現状と設計図を描きます まずは現状をご紹介します。 もともとここは、壁で区切られていた場所で、6年前のリノベの際に壁を取っ払いました。 そして、妻の ...

ReadMore

月次総括

2021/1/3

2020年総括-今年も9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 怒涛の2020年が終わり、すでに3日。 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします! ブログの更新もだいぶ鈍ってしまいましたが、にも関わらず毎日アクセスしてくれる方がいるということがすごく嬉しいですね。 健やかで穏やかな2021年を迎えるために、ここ半年やってきたことを中心に2020年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 昨年同様、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「健康に過ごせたこ ...

ReadMore

30代の人生設計 ラジオ 時間管理術 目標達成

2020/12/31

【2021】ラジオ版格闘塾リスナーさんへのプレゼント!

どうも、むく太郎です。 いつもDIYで人生を愉快にサーフィンするブログ及びラジオをご愛顧いただきありがとうございます! この度、人生の師匠「どや塾長」と月に一度の配信している「ラジオ版格闘塾」をお聴きの皆様にどやさんからお年玉プレゼントのご案内です! 新年最新号はコチラ 第70回:【今年も進化しようぜ!】月に1度の課外授業!ラジオ版格闘塾【1月編】 ※「ダウンロード」ボタンを押すと、ダウンロードできます。 チェック Wordファイルになります。シートをコピーしてご活用ください。 ※注意:著作権は放棄してお ...

ReadMore

30代の人生設計

2020/11/26

家族が増える、転職、30代。リアルなサラリーマンの夢

どうも、むく太郎です。 このあいさつもだいぶ久しぶりでございます。 インターネットで発信するということからだいぶ離れていましたが、ぼくは元気です! 5月にTwitterをやめて、7月にインスタ更新ストップ、ブログも… そんな感じで揺れに揺れた2020年も11月終盤。 アメリカ大統領選挙もバイデン氏の当確で米国だけでなく全世界が揺れていますが、本当のスタートはまさに今ここからでしょう。 そして、この新型コロナウィルス感染症。本当に厄介ですねぇ。 3密回避と手洗いうがい手指消毒。いつの間にかぼくのルーティンで ...

ReadMore

DIY 机・テーブル 端材DIY

並べて貼るだけ!作業台があっという間にアンティークなパッチワークテーブルに大変身!

更新日:

どうも。むく太郎です。

f:id:DIYpatchwork1シデコブシの蕾もあと一息というところまで。

まさにそれがもつ花言葉「歓迎」を表すように三寒四温をくぐり抜け、春の日差しがたっぷりと注がれるこの頃。間もなく新年度ですね。相変わらずDIYに勤しんでいます。

無機質な作業台がとってもオシャレなパッチワークテーブルに。

f:id:パッチワークテーブル

無機質な作業台を店舗用の什器にしたいとの要望で、考えた結果このスタイル。

f:id:パッチワークテーブル天板

パンを陳列するテーブル。杉板でパッチワーク。ただいま春のパン祭り。

お節介でプライスカードを付ける縁として、そしてパンが落下しないように天板全辺に板をはりました。重厚なアンティーク感を出すために、得意のエイジング。

さぁ、家にある机をリメイクして、新生活を迎えましょう!

材料はこちら。

  • 杉間柱  105mm×24mm×150mm(サイズ・質感によって張る板はお好みで!)
  • 端材       適宜
  • ダボ                         適宜
  • 木工用パテ(必要なら)

ただの作業台です。

f:id:机リメイクf:id:DIYpatchwork7

天板サイズ縦700mm横1100mmのどっしりとした作業台。こちらの天板には、工作用のゴムマットが敷かれていました。接着材の跡が残っています・・・。なぜか先日製作した机に似ていますね。(そちらの天板製作編は、少々お待ちを。)

寸法をもとに図面を製作。

f:id:DIYpatchwork7

寸法を測り、早速図面製作・・・。といってもかなりシンプルですが。両幅から中央にかけて縮小するスタイル。中央の細いスペースは用意した材料では、幅が大きすぎるので端材で穴埋めすることに。

杉の間柱を購入!!

f:id:DIYpatchwork5

ホームセンターで3mあったものを半分にカットしてもらいました。ちなみに3m×3本。余裕で足ります。そしたら図面の設定寸法に丸ノコでカットします。

カット終了。

f:id:DIYpatchwork4

スコヤで正確に直角を出し、墨付け。丸ノコでスピード作業。余談ですが、これがもっと効率よく正確にできるスライド丸ノコがほしいんです。(これを作った後に即購入)厚みがあって、この時点で重厚な雰囲気。

図面通りに並べてみた。

f:id:DIYpatchwork2

図面をもとにラフに並べました。やーん。いい感じ。計画と実物が合致するのはやっぱり気持ちが良いです。あとは真ん中。このスキマを埋めてくれるのは、やっぱり・・。

端材さん。ドンピシャで穴埋め。

f:id:DIYpatchwork3

まるでパズルのピースのようにそれは収まりました。端材箱からピタッと吸い寄せられた端材は、前回の机製作時に幕板として使用した杉材。素材もどんぴしゃ。2枚重ねて厚みをプラス。

さっそくパズル。舞台は作業台へ。

f:id:DIYpatchwork10

パズルの舞台を作業台本体に移し、いざパッチワーキング。角から攻めたり、裏返したり。間柱の重厚感に圧倒されながらも、作業を進めます。

f:id:DIYpatchwork8

形は決まっているからこそ、木の裏表のディテールや木目の向きによってでき上がりの表情はだいぶ変わります。時間をかけて、吟味。節ですら良いアジになります。

最後の1ピース。

f:id:DIYpatchwork9

凹にはめます。無機質な作業台も木を載せただけで、一気に温かみや存在感を放つ。豪華な1枚板にしていきましょう。

タイトル「表と裏」

f:id:DIYpatchwork10

f:id:DIYpatchwork11

シンメトリーが絶妙。この時点で良い雰囲気を醸し出す作業台。自然と見惚れてしまいます。視線を横に移動。

幕板が必要だ。

f:id:DIYpatchwork12

天板パズルの完成で終わってしまうのは、ナンセンス。天板をしっかり囲って装飾性と強度をプラスしていかなければいけませんね。後ほどこちらも組み上げていきたいと思います。

板を木工ボンドで圧着。

f:id:shakesound:20160324183911j:image

ボンドを板全体に塗り、ヘラなどで広げていきます。板が反っている場合もあるのでクランプや重石を乗せ、外側から張っていきましょう。

スキマを埋めるように板どうしもピッタリと。

f:id:端材リメイク

外から張っていき、乾燥したらビスで留め固定します。固定したら、内側に来る板の裏面と側面にボンドを塗り写真のようにクランプで隙間を埋めるように。ゴムハンマーなどで揃えていくときれいに仕上がります。

張り終わった!

f:id:パッチワークテーブル天板材料

こんな感じで張りました。隙間を詰めると中央部分の板間が空いてしまう。これも改善していきたいと思います!では次、幕板工程です。

幕板は杉プレーナー材を使います。

f:id:DIYpatchwork13

前回のテーブル製作でも使った材料。しっかり天板を覆うため、箱型に組み上げます。

f:id:DIYpatchwork14

天板の厚みは51mm、幕板の幅70mm。普段なら天板面はフラットにするところです。しかし、これはパンの陳列台。

この差19mmを上手に利用して、パンが不用意に落下しないための縁を演出

幕板もOK

f:id:机DIY端材

幕板も取付終わりです。古き良きボードゲーム卓のよう。ダボ穴もちょっとアンバランスに空け、少しだけラフなデザインに。

これだけでは終われない。縁をきれいに装飾。

f:id:リョービ・トリマー

すっかり愛用となったトリマー。しっかりと面取りして、装飾性をアップ!ソフトスタートは何気に手への負担を和らげます。

f:id:トリマー面取り

まだまだうまく使いこなせませんが、使うとつかわないでは仕上がりに結構差が出ますね。

あとは塗るだけ・・・!あっ。天板のスキマを埋めなくちゃ。

f:id:ウッドパテ

これを使っていきます。ちょっと長くなってしまったので、天板と塗装の工程を後日エントリにて紹介していきます!

かっこいいは、つくれる。

だって、やらなきゃ変わらないもんね。

では。じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」

 

-DIY, 机・テーブル, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.