Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 暮らしのツール

【365日がDIY】のむく太郎がアイデアに悩んだ時実践している3つのこと

むく太郎です。

f:id:DIYのススメ

暴風雨が止んで、徐々に晴れ間がのぞく栃木県。初夏の予感を感じる青空。

せっかくの晴れた日には、日曜大工に勤しみたい。

本当に好きになってしまうと基本独学でのめりこんでしまうぼく。

DIYをされている方々のなかでも

むく太郎
「DIYしたいけど、いいアイデアが思い浮かばない。」

むく太郎
「いつも同じ感じだなぁ」

と思う方は多いはず。

365日がDIYのぼくが参考にしているやり方をご紹介します。

当たり前だけど、気が付かなかったことが見つかるとうれしいですよね!

1.主に海外の建築デザインやクラフト作品を常にチェック。

f:id:DIYハウツー

ぼくが一番やっているのは、ご存知の方も多いであろう、tumblerというSNSを使って海外で多数アップされている写真をチェックしていること。

※2019年4月5日追記

今は、主にPinterestというプラットフォームを活用しています。

かなり使えます。

いいものは保存したり、リアクションしてみたり。

検索窓で「wood work」とか「interior design」など欲しい情報の単語を英語に置き換えて調べてみるとかなり期待値の超えた参考になる写真が見つかると思います!

海外のインテリア事例をみて、そこから自分自身の身の回りにどうやって落とし込もうか考えるだけで楽しいですし。

もちろん日本語でもOKです。「リノベ」なんて検索すると、ぼくなんかよりハイセンスなDIYerがたくさんの事例を掲載していて、たまに悔しい(笑)

2.関係雑誌やハウツー本を読む。

f:id:DIYハウツー②

これは皆さんやっていると思いますが、ぼくはですね・・・。

Sponsored Link

書店でちらっと立ち読みして、これいいなぁと値段をみて、棚に戻す。

これ、むく太郎スタイル(ダメですね)でもそういった方が多いと思います!

高いんですよね。ああいう類の書籍はね。

そんな貧乏サラリーマンが実践しているのは、図書館で本を借りること。

実は、ハウツー本やオシャレDIY雑誌などめちゃくちゃ種類豊富にそろっているんですよ!しかもそれをタダで2週間(ぼくが利用しているところは)、10冊くらい借りられる。

利用しない理由がなかったんです。

そこでもし、手元に残したい本は買っておけばいい。

本屋さんで見て、Amazonで買うなら図書館で借りてじっくり吟味してから買う。

お金が無いからという理由もあって始まったDIY、いろんなことを考えるようになりました。

3.部屋の掃除、整理をする。

f:id:DIYハウツー③

そもそもアイデアが浮かばないのは、こうでなきゃという固定観念があるから

むく太郎
「昔から一定位置にあるその収納タンスは、そこでなきゃだめなのかな?」

身の周りをいい意味で疑いましょう

そうすることで要らないものと必要なものが区別でき、部屋もきれいに空間を広く使えますもんね。整然とした部屋を眺めると思いのほかアイデアが湧き出てくるもの。

これに好きな絵を描いてとチラシ紙を渡されるより真っ白な画用紙の方がいろんなもの描ける。

そして最大の盲点だったこれに気付くことができる。

「ここは、DIYとかしなくていいんじゃね!?」

きれいに整理することでこういった余計な手間と時間を省くことができます。

一番大事なのがこの項目だったりするんです。

古民家リノベーションにおいても解体から創造していくステップが大事だったり。いかに計画とイメージがバランスよく実行できるかがポイント。

以上です!

またDIYしてブログ書きます。

では。じゃばら。

 

-DIY, 暮らしのツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.