Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,891 (2021/08/02 18:58:01時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 食器類

ただ唯一の作品を。ヤマザクラで木のバターナイフをDIY。

こんばんは。むく太郎です。

つくっちゃいました。木の食器シリーズ。

f:id:shakesound:20161119212125j:image

過去にも同じヤマザクラを使って、木べらをつくったこともあり、2時間ほどで作り上げたバターナイフ。

ちょっと細身だけど、自分でつくったという愛着が半端なく湧いてくるひと品となりました。

ぜひ、あなたもつくって生活と食卓に彩りを。

 

用意した木材はヤマザクラ。

f:id:shakesound:20161119212133j:plain

準備したのはホームセンターの銘木コーナーに陳列されていたヤマザクラの板材。

幅40mm、厚みは20mm、長さは十分に確保。

費用は500円ほど。まぁまぁ高い。(木材の値段差にいつも仰天している)

そんな木材に鉛筆でラフに木取り図を書きます。

f:id:shakesound:20161119212139j:plain

こんな感じ。

頭の中でイメージしたものを木材に映しただけなので寸法は勘が頼り。

市販のバターナイフの寸法を調べて、自分の作品に活かすほうがよいでしょう。

今回ぼくはすべてイメージでつくりました。

墨付けした木材を糸鋸盤で切り出す。

f:id:shakesound:20161119212240j:plain

糸鋸盤も購入してまもなく1年。

意外と使わないまま時間が過ぎていましたが、あるとやはり便利。

そして作品の幅が拡がりますね。

スピードコントロールを調整して、曲線を切り出します。

カタカタカタカタ・・カタカタカ・・ヴァッキィ!!

刃を折りました。使うたびに折ってるなぁ・・・。

難しい!

切り出した木材をクラフトナイフで成形していきます。

f:id:shakesound:20161119212232j:plain

オルファ。カッターで有名なオルファ。

このクラフトナイフも購入して1年。そして満を持して初登場。

作業手袋をはめ、削りだしていきます。

f:id:shakesound:20161119212226j:plain

約20分。ひたすら削る。さすがのOLFAも手ごわいヤマザクラ。

この硬さと粘り強さがいいんだとかトラリー作家さんが語っていました。

まだまだ棒の風合いが漂っていますね。ちょいちょい休みながら根気よく切削!

力が入りすぎて、指などを切ったりしないようご注意です。

f:id:shakesound:20161119212220j:plain

約40分。だいたい形になってきました。

持ち手部分は丸みを残しながら、ヘラの部分は厚みを調整しながら削りだし終了。

ものすごい手の疲労感を感じつつも、クラフトナイフからサンドペーパーに持ち替えます。

サンドペーパーで形を整える。

f:id:shakesound:20161119212202j:plain

Sponsored Link


#60で形を決定づけていき、#240でディテールを整える。

削っている時の木くずに紛れて漂う、ヤマザクラ特有の香りが心地よく感じます。

全体がすべすべになるまでしっかりヤスリ掛け。

あら、いつのまにかバターナイフができてるじゃないですか。

仕上げに木製食器用オイルを塗る。

f:id:shakesound:20161119212158j:plain

加工が終わったら、仕上げのオイル塗布。

ミネラルベースの木製食器用オイル。

これを塗ると木に潤いが戻り、鮮やかに発色するバターナイフ。

お手持ちの木のまな板や食器のメンテナンスにもお使いいただけます。

ハケでたっぷりと塗って、良く染み込ませたら拭き取り。

完成!あとは使うだけ!

f:id:shakesound:20161119212154j:plain

細い!

でもシルエットは悪くないと自負できるほどのでき!

f:id:shakesound:20161119212149j:plain

ヘラ部分の厚みを調整するのに苦労しました。

持ち手とヘラをバランスよく削るってのは、手と目でしっかり確認しないとだめですね。

では、実際に使ってみましょう。

・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・

冷蔵庫を開け、気づきました。

バターがない。

せっかくつくりたてのバターナイフでアツアツのトーストにバターを塗って、

パクリしたかったけど、残念。

また今度ですね。バターだけでなく、ジャムやクリームを塗るのにもちょうどいいと思います。

あぁスコーンも食べたくなってきた。

手作りの良さは、手でつくってみないと分からない。

f:id:shakesound:20161119212143j:plain

今回はバターナイフをつくってみました。

やっぱり自分の手でつくってみると、こんなシンプルなものでもすごく難しいということが分かります。

作り方は簡単だけど、やればやるほどこだわりが出てくるというか。

削り作業が全体の90%を占めるほどウエイトのある作業でした。

なぜか人さし指の第二関節が擦り剝けています。

夢中で気付かなかったけど、そうとう力入ってたんだろうなぁ。

職人になりきってつくると最高にいいものができると確信しました。

ぜひ、やってみてください!

おいしいひとときを。

では、じゃばら。

 

-DIY, 食器類

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.