Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,082 (2021/09/26 19:48:07時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 棚・ラック 端材DIY

野地板で簡単!雑貨もかわいくディスプレイできる木製小棚をDIY。

むく太郎です。

f:id:shakesound:20161003002720j:image

小さい秋、見ぃつけた。

 

今日は会社の交流会。

職場の人と親睦を深め、一体感を醸成するという名目でBBQ。

-------

\\\\それは1ヵ月前のでき事////

ぼくも若手社員の幹事として招集され、何か企画しろと。

即答で「かき氷屋さん、やりますよん。

シーンと静まった会議室。

10月にかき氷、寒いやろ

そんな言葉を受けながら、冷たい視線を浴びながらも。

上司たちの眼をキッと睨み返した先月の計画会議。

「かき氷、やります。限定50食分」

少しの不安と言ってしまったことを後悔させるような9月の雨続きの毎日。

押し寄せるプレッシャーに耐えつづけ。

そして、迎えた今日。

気温は30度近くまで上がり、かき氷機を回すぼくらの近くには人だかり。

そして、さんざんディスってきた上司が一言。

イチゴ味、1個お願い。

ぼく「あいよ。

その赤いふわふわの天然氷をだいたんに使用したむく太郎特製かき氷

口にした瞬間、よっぽど大勝利宣言してやろうと思ったけど、そこはスマートに。

そんなわけで人と関わる以上、しがらみというものには、逃れられないのだと確信した10月頭の話でした。

会社員だろうがフリーランスだろうがね!

さっ、今日もつくっちゃった。

スギの野地板が1枚ありました。

f:id:野地板DIY

これです。もう雨風にさらされて日に焼けて。

はっきり言って質はよくない。

なんかコケっぽいの端についてるし。

でもね、やっちゃうんですよ。

これで小棚をつくっちゃうんですよ。

f:id:shakesound:20161002201656j:plain

なんか細かくなってしまいましたが、やることはかんたんです。

こんなふうに図面を描いてみました。

では、作業を進めましょう。

300mmにカットしたものを2枚つくる。

f:id:野地板リメイク

さぁ、もう汚くてどうしようもないやつですが、まだまだ使える。

300mmサイズに2枚カットし、図面に合うように墨付けしていきます。

これが小棚の側面になるんです。

トリマーで墨付け部分をミゾ彫り。

f:id:shakesound:20161002204606j:plain

f:id:トリマー直線

トリマーにストレートビットを取り付け、ミゾ彫り。

このミゾが上下の棚板をはめる部分になります。

クランプなどでしっかり固定し、2枚同時進行で作業を進めましょう!

ガイドに木材を使ったり。

f:id:トリマーガイド

トリマーのストレートガイドが広さをカバーできない時は、こういった感じで木材をガイドにしたりします。

やっぱり、スギは柔らかいからちょっとでも手元がグラつくと余計な切削をしてしまう。(すべてそうですが)

手元はきっちりおさえて、材料は固定。

基本ですね。

(後ほどトリマーの基本操作についてのエントリもアップします)

斜めに切って傾斜を付ける。

f:id:shakesound:20161002202112j:plain

側面の木材2枚を上の図のようにカット(写真撮り忘れた)

こういうときにもスライド丸ノコはほんと便利だなぁと心底思います。

棚板をつくります。

f:id:野地板で棚

これが棚板。長さは300mm。

太い方が下の棚板。細い方が上。

図面に合わせて、野地板の幅をカットして狭くしました。

鉋で最後は微調整。

棚板と側面をはめる凸をつくる。

f:id:トリマーカット

側面に彫ったミゾに棚板をはめ込むために、両サイドをトリマーで面取り。

ストレートビットを装着したまま、深さ4mm、幅6mmでビシッと決めます。

上下の棚板に同じ加工を施せば、棚板の完成。

だいたいパーツが出そろいました。

f:id:小棚DIY

こんな感じになります。

あとは組立!・・・の前にしっかりヤスリ掛けしましょう。

ただでさえ荒れた木肌の野地板。

ぼくの場合は、さらに粗くなっていますから。

丸棒を入れる穴を空けなくちゃ!

f:id:15mm径ドリルビット

さて、組み立てようかとしたときに思い出した丸棒。

この15mm径の丸棒も結構ポイントで使っても無くならない。

側面を重ね、インパクトドライバーに15mm径ドリルビットを装着し、穴あけ。

ミゾにボンドを塗って、いざ組み立て!

f:id:木の棚DIY

棚板をはめるミゾに木工ボンドを塗り込み、組み立て。

このDIYはノービス留め。

ボンドだけで補強。あとは木材のはめ込みで。

丸棒を取り付けます。

f:id:15mm丸棒

長さが900mmくらいあったので差し込んで、余計な部分はカット。

あれ、いつものダボカットと同じやん。

穴にボンドを薄く塗っておきましょう。

組み立てたら、エイジング加工!

f:id:木材エイジング

みんな大好き(のはず)エイジング加工。

紙やすりで整えつつも、ハンマーで打痕をつけたり、カッターで切り込み線を入れてみたり。

このちょっとした手間がより一層のアジを出してくれます。

ワトコオイル・ナチュラルで塗装して完成!

f:id:shakesound:20161003002650j:image

いい感じに古材感が出ていたので古家具風に。

ワトコオイルのナチュラルで木材本来の色味を残しつつも、ほんのり質感を出してみました。

本当に万能だなぁ。

小さい秋を飾ってみる。

f:id:shakesound:20161003002623j:image

小さい秋は自分で見つけることができます。

f:id:shakesound:20161003002752j:image

これだから、DIYやものづくりは面白い。

f:id:shakesound:20161003002756j:image

日々の忙しさに、季節を感じる間もないよという方はぜひ、自ら秋を体感してみてください。

こんな木工にだってそれができるんですから。

では。じゃばら。

 

-DIY, 棚・ラック, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.