Sponsored Link

新着記事

DIY LIFESTYLE

2020/6/14

不快指数MAXの梅雨を乗り越えるためにおすすめのアイテムとDIYでやったこと

どうも、むく太郎です。 関東もいよいよ梅雨入りしまして、毎日雨に濡れています。 さて、そんな不快指数MAXの梅雨を楽しむためには気合だけじゃ無理ですよね。 今回は、ぼく自身使ってみて気に入っている水や湿気に強いアイテムをご紹介します。 持ち物を濡らしたくないなら、カリマーの「SFdrybag」 (カリマースペシャルフォース)karrimor SF 耐水加工ナイロンドライバッグ10L 10L コヨーテ drybag-sidepocket-10l-coyote created by Rinker K ...

ReadMore

LIFESTYLE NEWS

2020/6/14

【業務連絡】インスタはじめました!

どうも、むく太郎です。 業務連絡です! インスタグラム。始まりました mukutaro_diy . 【木枠と金網でベイクショップ風ケ . 【料理は「まな板」から始まる】 . . 【古民家カフェにありそうな古家具 . 【折りたたみデスクはワイドな感じ . 【オールドテイストのかわいいガラ . 【ミルフィーユみたいなペン立て Load More... Follow on Instagram はい。 実は、始まったというか再開したというのが正しい表現ですね。 2017年にむく太郎のアカウントを作って、ちょっと ...

ReadMore

月次総括

2020/5/31

2020年5月総括-コロナ禍での再構築

むく太郎です。 といっても、今日(令和2年5月29日)Twitterのアカウントを削除いたしました。 SNSの使い方に疑問を感じ、結果アカウントを閉じる決断をしました。 そろそろSNSも「再構築」の段階に来たとぼくは思います。 あなたは、どう考えますか?  

ReadMore

30代の人生設計 DIY LIFESTYLE 人気記事

2020/5/29

【コロナ禍】今が人生のロードマップを再構築するために必要な準備期間

どうも、むく太郎です。 新型コロナウィルスにより、皆さんはどう影響を受けていますか。 はっきり言って、コロナによる直接のダメージではなく 「コロナ感染拡大防止による経済活動や行動自粛」による打撃が大多数の方に響いていると思います。 先日、特別給付金の申請書が我が家にも送られてきたわけですが、何か胸の中で疑問や自分に対してのモヤモヤした感情が湧き上がってきたんです。 むく太郎まず自助できるレベルにならなければ 「自助」とは、文字通り自分で自分のことをなんとかすること。 つまり、主体的に物事を捉えて判断し、仕 ...

ReadMore

DIY リペア 暮らしのツール

2020/5/27

かどまるくんが動かなくなったときの対処法

どうも、むく太郎です。 紙の四隅をいい感じに丸くカットしてくれる「かどまる」 サンスター文具 コーナーカッター かどまるPRO S4765036 created by Rinker サンスター文具(Sun-Star Stationery) ¥765 (2020/07/07 16:50:34時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 いつものように紙の角をセットして押そうとするも、 むく太郎う、動かん… よく見ると、中のスプリングで抑えられてある金属板が斜めになっていました。 ...

ReadMore

登山

冬の登山やハイキングに必須。軽アイゼンというアイテム

更新日:

どうも、むく太郎です。

冬のハイキングや登山、ずっといきたいと思ってたんですが、安全性を考慮すると「行かない」

そんな選択を重ねてきました。

ですが、冬山へ行く機会がついに。(詳細は下へ続きます)

そんな先日の登山で地味に活躍したもの。

それが、軽アイゼン

アイゼンってなんだ?

さて、このアイゼン。

そもそも何なんでしょうか。

氷上や雪道を歩く時に靴に装着する爪がついた滑り止めのこと。

特に登山では、地面のコンディションによって爪の数を変えたりして、対応していきます。

で、その中でも簡易的なものが「軽アイゼン

mont-bellのコンパクトスノースパイクを購入

先日の正月登山のために、ぼくら夫婦はこちらモンベルの「コンパクトスノースパイク」を購入。

Sponsored Link


軽アイゼンというだけあり、重さはペアで190gとかなり軽いです。

装着もワンタッチでめちゃくちゃシンプル。

取り付けはバンドで

この軽アイゼンを山梨県の「竜ヶ岳」で実装。

シューズの土踏まず部分に合わせ、底部・かかと部分をぐるりとバンドで巻きます。

バンドの先端はフック式なので、取り付けも簡単です。

使用感は?

竜ヶ岳の登山道は、暖冬とは言え、やはりガチガチに凍っていました。

アイスバーンになっていたところもあり、正直この軽アイゼンを持っていってよかったと実感。

むしろ、これくらいないとこの時期の登山はNGだと思います。

しっかりと、地面に引っかかり足元もスベること無く進むことができました!

ただ、外れてしまうことも2・3回あったなぁ。

まぁバンドの締めが緩かったんだけども…

持ち運びにも便利なスタッフバッグつき

さすがmont-bell。

しっかりと収納スタッフバッグもついていますよ!

厚手の生地で爪で破れるというようなこともほぼなさそうです。

若干入れにくいのが玉にキズ。

きれいにメンテ

帰宅後はしっかりと泥を落として、メンテナンス。

落ち葉も落としてきたつもりですが、結構刺さってました。

初回でだいぶ塗装は剥げてしまいましたが、まだまだ使い倒していきます!

軽アイゼン。冬季のハイキングには、マストです

軽アイゼン。

有ると無いでは、冬山ハイキングの安全度・充実度が変わりますねぇ。

今までこの時期は、雪や氷の危険性を考えてハイキングや登山を避けてたけど、少しずつ行動エリアと時期を増やしていこう。

そんな思いを抱かせてくれた、登山アイテムでした。

では、じゃばら!

 

-登山

Copyright© SHIe , 2020 All Rights Reserved.