Sponsored Link

新着記事

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/3

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

2021/2/10

材料予算1万円以下!賃貸ルームをアップデートするディスプレイカウンターをDIY!

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 今の賃貸をアップデートするのに、必要なのは何でしょう。 GW、有意義に過ごされましたでしょうか。 そもそも「そんなの無かったよ。」という方もおられるかもしれませんが。 ぼくはコツコツとDIY、そして音楽にいそしむ毎日でした。 新たなご縁をいただいたり、お連れ様のパン屋さんに大好きなアーティストがまさかのご来店など。 (後ほど別で更新します) 好きです!! っていう気持ちは、持つと同時に伝えることが非常に重要ですね。 最高です。 ということで! 今回 ...

ReadMore

2021/2/10

予算1000円台でDIYした差し込み式3段シェルフは、どこにも連れていけるアウトドアギアになった

どうも、むく太郎です。 DIYできるのに、アウトドアギアを自作しないのはもったいない。 そう思ったぼくは、1000円を握りしめホームセンターへ。 そして、できたのがこれ。 差し込み式3段シェルフ ※動画でも公開されています!   1,000円でできました。(木材費用のみ) 2個のフレームに棚板をはめ込み、自立させるアウトドアギアにはオススメの3段シェルフです。 作り方をご紹介します! スギの角材をカット はじめにシェルフのフレームとなるスギの角材を寸法に合わせてカットしていきます。 30mm×40mmの厚 ...

ReadMore

登山

冬の登山やハイキングに必須。軽アイゼンというアイテム

どうも、むく太郎です。

冬のハイキングや登山、ずっといきたいと思ってたんですが、安全性を考慮すると「行かない」

そんな選択を重ねてきました。

ですが、冬山へ行く機会がついに。(詳細は下へ続きます)

そんな先日の登山で地味に活躍したもの。

それが、軽アイゼン

アイゼンってなんだ?

さて、このアイゼン。

そもそも何なんでしょうか。

氷上や雪道を歩く時に靴に装着する爪がついた滑り止めのこと。

特に登山では、地面のコンディションによって爪の数を変えたりして、対応していきます。

で、その中でも簡易的なものが「軽アイゼン

mont-bellのコンパクトスノースパイクを購入

先日の正月登山のために、ぼくら夫婦はこちらモンベルの「コンパクトスノースパイク」を購入。

Sponsored Link


軽アイゼンというだけあり、重さはペアで190gとかなり軽いです。

装着もワンタッチでめちゃくちゃシンプル。

取り付けはバンドで

この軽アイゼンを山梨県の「竜ヶ岳」で実装。

シューズの土踏まず部分に合わせ、底部・かかと部分をぐるりとバンドで巻きます。

バンドの先端はフック式なので、取り付けも簡単です。

使用感は?

竜ヶ岳の登山道は、暖冬とは言え、やはりガチガチに凍っていました。

アイスバーンになっていたところもあり、正直この軽アイゼンを持っていってよかったと実感。

むしろ、これくらいないとこの時期の登山はNGだと思います。

しっかりと、地面に引っかかり足元もスベること無く進むことができました!

ただ、外れてしまうことも2・3回あったなぁ。

まぁバンドの締めが緩かったんだけども…

持ち運びにも便利なスタッフバッグつき

さすがmont-bell。

しっかりと収納スタッフバッグもついていますよ!

厚手の生地で爪で破れるというようなこともほぼなさそうです。

若干入れにくいのが玉にキズ。

きれいにメンテ

帰宅後はしっかりと泥を落として、メンテナンス。

落ち葉も落としてきたつもりですが、結構刺さってました。

初回でだいぶ塗装は剥げてしまいましたが、まだまだ使い倒していきます!

軽アイゼン。冬季のハイキングには、マストです

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥7,800 (2021/03/06 06:49:33時点 Amazon調べ-詳細)

軽アイゼン。

有ると無いでは、冬山ハイキングの安全度・充実度が変わりますねぇ。

今までこの時期は、雪や氷の危険性を考えてハイキングや登山を避けてたけど、少しずつ行動エリアと時期を増やしていこう。

そんな思いを抱かせてくれた、登山アイテムでした。

では、じゃばら!

 

-登山

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.