Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY

PowerPointでデザインをするときに使える「画像の背景削除」機能はこれ!

どうも、むく太郎です。

前回から始まった「小冊子の作り方」シリーズ

パワーポイントで簡単に中綴じ小冊子を作る方法(設定編)

続きを見る

今回は、画像の背景をPowerPointの機能を使って除去し、レイアウトしていくやり方をご紹介します!

まずは、背景を取り除きたい画像を選びます

編集画面で「挿入」タブ→「画像」をクリック。

背景を削除したい画像を選択し、スライドに挿入します。

こんな感じで画像が出てきました。

そのままでもいいのですが、せっかくなら「少年」だけ残して、背景は削除して素材になるように加工していきたいと思います。

ポイント:単焦点レンズで撮影したような画像(背景のピントがボケている)を使うと、よりスムーズに処理できます。

「図の書式」→「背景の削除」タブを選ぶ

加工したい画像をクリックし、「図の書式」タブを選択します。

そうすると、左端の方に「背景の削除」項目が出てくるので、そちらをクリック。

すると、自動で「背景と主体」をPowerPointが判別してくれます。

「背景の削除」タブをクリックすると、自動で処理。

の部分が削除されます。

では、そのままの「ENTER」キーを押してみましょう。

何も触らずに。

デフォルトだと調整が必要

Sponsored Link


むく太郎
まぁ、こうなります。

あくまで自動判別なので、多少の加工が必要になります。

では、再度画像をクリックして、「背景を削除」タブを。

手動で残す範囲を選択する

少年の服がトリミングされていたので、保持する処置

背景の削除」タブを開き、すぐ下の「保持する領域としてマーク」をクリック。

すると、えんぴつマークが出てきますので、画像を保持したい部分をざっくり囲みます。

そして、「ENTER」キーを押下すると!

残したい部分が戻ってきます

こんな感じで、少年の洋服部分が戻ってきました。

ですが、その代わりに背景がちょっとだけ…

大丈夫です!消せば!

次は削除部分の加工

背景の余分なところも「削除する領域としてマーク」を選び、先程と同じく塗り絵作業。

範囲のかたちが歪な場合は、PowerPoint編集画面右下の「拡大縮小」を上手く使って、ゆっくり丁寧に塗りつぶしましょう!

調整が完了したらOK!

加工ができたら、「変更を保持」をクリック!

さぁ、どうでしょうか!

むく太郎
じゃん!

Sponsored Link


いい感じに背景を取り除くことができました!

この手順で自分の背景を取り除きたい画像をうまくトリミングしていけば、小冊子やフライヤーづくりにも活用できる方法かなと思います。

最後におまけで。

切り取った画像に新しい背景を挿入

切り取った画像(人物)と新たに背景を組み合わせてみます。

挿入」→「オンライン画像」で著作権フリーの「背景」を選び、スライドに落とし込みます。

色々画像があるので、こちらから素材を選ぶのもいいかも知れませんね!

さぁ、背景とちょっとしたテキストを入れてみました。

むく太郎
最後雑やなぁ。

そんな声が聞こえてきそうですが笑。

で、こんな感じで完成。

結構ざっくりでしたが、もっと作り込めば、素敵なオリジナルデザインが作れると思います!

あとは、やるか、やらないか!

では、じゃばら~

 

-DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.