Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY DIYツール

エクセルで設計図を作って、思いっきりDIYに活かしてみた。

むく太郎です。

僕も仕事でもオフでも愛用している、いつもの表計算ソフト「Excel」。

(Macの標準表計算ソフトはnumbersというものでしょうか)

これを使って、簡単に設計図が作れちゃうんです。

いざDIYをしようとしても、設計図があいまいだと完成度も低くなってしまうことはこの1年で大変痛感しました。

このエクセルを利用して簡易なイメージ図や三面図を作り、ぜひともDIYライフを充実させたいところですね!

EXCELを方眼紙にして簡易図面をDIY!

f:id:EXCEL DIY

Sponsored Link



 

W600mm×H240mm×D200mmの小ぶりなテレビボード。

賃貸での1人暮らしさんや簡単に何か作ってみたいという方に向けて、という設定で図面製作してみました!

サイズ感もディテールもこのように大まかに表現できます。

これはあくまでイメージ図としての位置づけでぼくは利用しています。

三面図とは正面・側面・平面をそれぞれ独立した視点で描き、全体の寸法を把握できる図面です。

三面図を印刷し、組み立てるとピタリと合った立体になります。

間違っていると合わないのでしっかり寸法を把握しましょう。

Excelでの簡易図面をオススメする理由。

 

ぼくがこのやり方を推す理由は3つ程。

  1. 簡単にできる。手が出しやすい。
  2. 写真などが挿入でき、よりイメージしやすい。
  3. 自分だけのオリジナルのテンプレートが作れる。

やはり、割と使い慣れている方も多いはず。

方法が分かれば簡単にイメージを挿入したり説明書きも入れられます。

専用ソフトはそれなりの知識がどうしても必要になってくるので、こういった表ソフトは重宝されます。

そして自分だけのフォーマットが作れるという事も推したい理由のひとつですね。

では、設定について説明していきたいと思います。

EXCELを立上げ、シートを全選択状態にする。

f:id:EXCEL DIY4

立ち上げたら、上図の〇部分をクリックしシートを全選択状態にします。(すでに方眼紙サイズに設定されているので、通常のセルサイズとは違いますがお気になさらず。)

列を右クリックし、「列の幅」を選択。

f:id:EXCEL DIY5

全選択にしたら、A,Bと並んでいる列を右クリックしてみます。

そして「列の幅」をクリックし次のような設定をしていきます。

列幅を「1.63」に設定する。

f:id:EXCEL DIY6

列幅のダイアログが出たら、数値を「1.63」と設定しOK。

完了。方眼紙が出現。

f:idEXCEL DIY9

もう終わりです。簡単でしょ。あとは自由に使っていきます。

1セル=50mmに設定し、収納扉の簡易図

f:id:EXCEL DIY2

1セルを50mmに設定して、W1350mm×H1600mmのイメージ図面を作ってみるとこうなります。

f:id:EXCEL DIY3

ご覧のとおり、セルのサイズを自分で工夫することで様々な寸法で簡易図面が描けます。

下図は3尺の板を表してみました。

f:id:EXCEL DIY10

※図では1尺となっていますが、3尺の間違いです。こんな感じで。

きちんと寸法どりできます。

あとは自分なりに描いていくことでよりDIYするもののイメージを掴みやすく、かつ構成が理解できてくるので早く作業できるようになります。

このワークシートとプロセスシートで最強の下準備

f:id:EXCEL DIY1

f:id:DIYプロセスシート1

以前のエントリで書いたプロセスシート。

これと今回の簡易図面を用いてしっかり製作すれば、間違いなく初心者でも納得のいく作品ができ上がると思います!

この春、ぜひDIYに挑戦して、素敵な新生活を始めましょうか。

読んでくれたあなたにおすすめ!

 

-DIY, DIYツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.