Sponsored Link

新着記事

DIY ドア・扉

2021/1/25

キャスターで開閉ラクラク!壁と一体型のスライドドアを作る方法

どうも、むく太郎です。 前回は、ぶち抜きの空間に壁を作り、それぞれ独立した部屋にするため「壁」をDIYしました。 その板壁DIYの模様がこちら。 あわせて読みたい そして、今回ご紹介するのは「スライドドア」のDIY方法です! ぼくの家の場合という大前提がありますが、よかったらご参考にどうぞ! 板壁にマッチした「スライドドア」をDIYしていく こちらが、今回完成したモノ。 左側が引き戸になっていて、あの扉を開ければ隣の部屋(お店)に移動できるというシステム。 前回に引き続きで、こちらが壁とドアの簡易図面です ...

ReadMore

DIY マイルーム改造作戦

2021/1/25

憧れの板壁をDIY!材料費15,000円でできるオシャレな板壁作りにチャレンジ

どうも、むく太郎です。 むく太郎壁ってDIYで作れるのだろうか? 今回DIYする場所は、もともと区切られていた部屋の壁を壊して、リノベーションした民家。 ですが、再度壁がほしいよねという話になり、いざDIYすることに。 そしてできたのがこちら。 理想としては、板壁のおしゃれな感じという妻の要望に応えられるように考えた「壁づくり」のやり方をご紹介します。 まずは現状と設計図を描きます まずは現状をご紹介します。 もともとここは、壁で区切られていた場所で、6年前のリノベの際に壁を取っ払いました。 そして、妻の ...

ReadMore

月次総括

2021/1/3

2020年総括-今年も9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 怒涛の2020年が終わり、すでに3日。 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします! ブログの更新もだいぶ鈍ってしまいましたが、にも関わらず毎日アクセスしてくれる方がいるということがすごく嬉しいですね。 健やかで穏やかな2021年を迎えるために、ここ半年やってきたことを中心に2020年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 昨年同様、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「健康に過ごせたこ ...

ReadMore

30代の人生設計 ラジオ 時間管理術 目標達成

2020/12/31

【2021】ラジオ版格闘塾リスナーさんへのプレゼント!

どうも、むく太郎です。 いつもDIYで人生を愉快にサーフィンするブログ及びラジオをご愛顧いただきありがとうございます! この度、人生の師匠「どや塾長」と月に一度の配信している「ラジオ版格闘塾」をお聴きの皆様にどやさんからお年玉プレゼントのご案内です! 新年最新号はコチラ 第70回:【今年も進化しようぜ!】月に1度の課外授業!ラジオ版格闘塾【1月編】 ※「ダウンロード」ボタンを押すと、ダウンロードできます。 チェック Wordファイルになります。シートをコピーしてご活用ください。 ※注意:著作権は放棄してお ...

ReadMore

30代の人生設計

2020/11/26

家族が増える、転職、30代。リアルなサラリーマンの夢

どうも、むく太郎です。 このあいさつもだいぶ久しぶりでございます。 インターネットで発信するということからだいぶ離れていましたが、ぼくは元気です! 5月にTwitterをやめて、7月にインスタ更新ストップ、ブログも… そんな感じで揺れに揺れた2020年も11月終盤。 アメリカ大統領選挙もバイデン氏の当確で米国だけでなく全世界が揺れていますが、本当のスタートはまさに今ここからでしょう。 そして、この新型コロナウィルス感染症。本当に厄介ですねぇ。 3密回避と手洗いうがい手指消毒。いつの間にかぼくのルーティンで ...

ReadMore

DIY DIYツール

エクセルで設計図を作って、思いっきりDIYに活かしてみた。

更新日:

むく太郎です。

僕も仕事でもオフでも愛用している、いつもの表計算ソフト「Excel」。

(Macの標準表計算ソフトはnumbersというものでしょうか)

これを使って、簡単に設計図が作れちゃうんです。

いざDIYをしようとしても、設計図があいまいだと完成度も低くなってしまうことはこの1年で大変痛感しました。

このエクセルを利用して簡易なイメージ図や三面図を作り、ぜひともDIYライフを充実させたいところですね!

EXCELを方眼紙にして簡易図面をDIY!

f:id:EXCEL DIY

Sponsored Link



 

W600mm×H240mm×D200mmの小ぶりなテレビボード。

賃貸での1人暮らしさんや簡単に何か作ってみたいという方に向けて、という設定で図面製作してみました!

サイズ感もディテールもこのように大まかに表現できます。

これはあくまでイメージ図としての位置づけでぼくは利用しています。

三面図とは正面・側面・平面をそれぞれ独立した視点で描き、全体の寸法を把握できる図面です。

三面図を印刷し、組み立てるとピタリと合った立体になります。

間違っていると合わないのでしっかり寸法を把握しましょう。

Excelでの簡易図面をオススメする理由。

 

ぼくがこのやり方を推す理由は3つ程。

  1. 簡単にできる。手が出しやすい。
  2. 写真などが挿入でき、よりイメージしやすい。
  3. 自分だけのオリジナルのテンプレートが作れる。

やはり、割と使い慣れている方も多いはず。

方法が分かれば簡単にイメージを挿入したり説明書きも入れられます。

専用ソフトはそれなりの知識がどうしても必要になってくるので、こういった表ソフトは重宝されます。

そして自分だけのフォーマットが作れるという事も推したい理由のひとつですね。

では、設定について説明していきたいと思います。

EXCELを立上げ、シートを全選択状態にする。

f:id:EXCEL DIY4

立ち上げたら、上図の〇部分をクリックしシートを全選択状態にします。(すでに方眼紙サイズに設定されているので、通常のセルサイズとは違いますがお気になさらず。)

列を右クリックし、「列の幅」を選択。

f:id:EXCEL DIY5

全選択にしたら、A,Bと並んでいる列を右クリックしてみます。

そして「列の幅」をクリックし次のような設定をしていきます。

列幅を「1.63」に設定する。

f:id:EXCEL DIY6

列幅のダイアログが出たら、数値を「1.63」と設定しOK。

完了。方眼紙が出現。

f:idEXCEL DIY9

もう終わりです。簡単でしょ。あとは自由に使っていきます。

1セル=50mmに設定し、収納扉の簡易図

f:id:EXCEL DIY2

1セルを50mmに設定して、W1350mm×H1600mmのイメージ図面を作ってみるとこうなります。

f:id:EXCEL DIY3

ご覧のとおり、セルのサイズを自分で工夫することで様々な寸法で簡易図面が描けます。

下図は3尺の板を表してみました。

f:id:EXCEL DIY10

※図では1尺となっていますが、3尺の間違いです。こんな感じで。

きちんと寸法どりできます。

あとは自分なりに描いていくことでよりDIYするもののイメージを掴みやすく、かつ構成が理解できてくるので早く作業できるようになります。

このワークシートとプロセスシートで最強の下準備

f:id:EXCEL DIY1

f:id:DIYプロセスシート1

以前のエントリで書いたプロセスシート。

これと今回の簡易図面を用いてしっかり製作すれば、間違いなく初心者でも納得のいく作品ができ上がると思います!

この春、ぜひDIYに挑戦して、素敵な新生活を始めましょうか。

読んでくれたあなたにおすすめ!

 

-DIY, DIYツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.