Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 端材DIY 食器類

濃厚な一杯を。銘木とMDF材でリッチなドリップスタンドをDIY!

どうも、青空工房のぼくがDIYするときは決まって曇天。

晴天が待ち遠しい、むく太郎です。

こんな日は自分で淹れたコーヒー、いや。

自分でつくったドリップスタンドで淹れたコーヒーが飲みたい!!

MDF材と銘木の板材でつくるリッチテイストなドリップスタンド!

f:id:ドリップスタンドDIY

今回は先日出店の際、展示販売した(売れなかった・・)コーヒーをドリップするときに使用する「ドリップスタンド」のDIY手順を、ご紹介します。

実は以前にもドリップスタンド。作ってるんですよ。端材で。

ご存知でない方は以下のエントリをみてね

「ほっ」と一息。毎日のひとり時間でも大活躍のおしゃれなドリップスタンドをDIY!

続きを見る

色彩豊かな台座にシンプルながら深みのあるスタンド部分。クリアニス仕上げで光沢を出しました。

f:id:ドリップスタンドDIY②

こちらはブライワックスと端材でジャンクなスタイル。

f:id:端材ドリッパー

自画自賛(でも売れませんでした)反省の記事

ドリップスタンドはこんな感じでAmazonなどでも豊富に扱っていますね。

だけどDIY&コーヒーが好きなむく太郎は、オリジナルでつくっちゃいました!

材料はこちら。

  • MDFボード        15mm×300mm×150mm    1枚
  • 銘木板材           5mm×50mm×200mm      5枚
  • チーク材角棒       15mm×15mm×910mm      2本
  • ウエスタンレッドシダー  10mm×20mm×910mm      1本
  • 真鍮釘          適宜
  • 木工用ボンド       適宜

ぼくのブログをご購読されている皆さんにとっては、

むく太郎にしては材料費が掛かっている」と思われるでしょう。

ぼくも普段、端材や杉材など比較的安価な材料を愛用しているため、結構コストがかかってしまいました。

でもこのカッコよさ。材の持つ美しさでそのコストも納得です。端材を台座にしたものも手順は同様ですので2種類同時進行でご紹介していきます!

図面はこんな感じ。

f:id:ドリップスタンド図面

3面図ではこんな感じです。もうそのまんま。

スタンド部分材料の幅は10mmの予定でしたが実物は15mmになってます。

買ったMDFボードは台座に。

f:id:MDFボード

サイズを図面のように設定したので、それに合うものをチョイス。

450mm×300mmのMDFから木取り。

スライド丸ノコで150mm×300mmにカット。

f:id:MDFボード②用意したMDFボードに板材貼り付け用のガイド線を書き込みます。お好みで貼る材料に合わせて、自由に。でも寸法はきっちり。

f:id:銘木DIYそして、板材です。チーク、カリン、ケヤキ、これで1枚129円。

使ったのは5枚ちょっと。ツーバイ材で換算したら、何円だべ。

カットしたMDFに板材を仮置き。

f:id:板張り板の並べ方は、お好みで。ぼくは上の写真のように並べてみました。スライド丸ノコのおかげで誤差も少なく収まります。こんな感じでしょうか。ちなみにこれ、全部チーク材。色味も全然違くてかっこいい。

並べ方が決まったらMDFボードにボンドで貼り付け。

f:id:ドリップスタンド台座

配置が決まったら、ボードにボンドを万遍なく塗り、貼っていきます。

ボンドだけでは不安なときは、下図のように板材にくぎ打ちしておくとがっちり安定します。

f:id:ドリップスタンド台座くぎ打ち

このステップは前回のエントリで学んだので、うまく貼り付けできました!

では板とボードを囲う幕板を付けます。

ウエスタンレッドシダーを使用。f:id:ドリップスタンド台座幕板

こんな感じで側面に貼り合わせるように。サイズに切ったウエスタンレッドシダーの厚みは20mm。15mm厚のMDFと5mm厚の板材。そうジャスト・フラット。

こちらもボンドで接着、クランプで固まるまでホールドの黄金セオリー。全側面を幕板で囲ったらいったんボードはおしまい。

スタンド部分を作ります。

f:id:角棒スタンド

こちらも奮発。チーク材の角棒。498円也。たけぇ。

硬く美しい質感に惚れ惚れしつつも、スライド丸のこ先輩でカットしていきましょう。

今回は45°切りでフレームをつくってみたよ。

スライド丸ノコで45°にカットして、ボンドで圧着。

f:id:スライド丸ノコ45°切り

寸法に従って、しっかり角度切り。

そしてこうなった。

f:id:スタンド完成

めっちゃきれいにフレームが!ボンドでしっかり圧着したら、真鍮釘で再度しっかり固定。釘を打つ前に下穴を空けることをお忘れなく

チークの角棒でフレームを固定

f:id:スタンド固定

スタンドにくぎで固定し、台座にビス留め。

ダボで隠しましたが、魅せるという点では 100点中20点くらいのでき・・・。

台座にダボを入れてスタンドとドッキングすれば、もっとよかったかも!

あとは塗装して完成!(塗装の写真を撮り忘れてしまいましたので割愛致します。)

使った塗料はこちらです。

完成。

f:id:木製ドリップスタンド

f:id:木製ドリップスタンド②

完成しました。世の中に多数あるドリップスタンド。

使ってみないと使い心地は分かりません。

このタイプのメリットは、ドリッパーを複数置ける&ブレンド、ドリップの手法が違う抽出でもドリッパーを持ち替えず、スムーズにコーヒーが淹れられます!

自分だけのオリジナルをつくるのは本当に楽しい!

今回は販売用で製作しましたが、ぼくがDIYして誰かが少しでも興味を持ってくれたり、作品を使ってくれたりしたらそれはもう最高です。

全国の出張コーヒー屋さん、ここに良いものありますよ!

では、じゃばら。

 

-DIY, 端材DIY, 食器類

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.