Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

30代の人生設計

接客未経験だったサラリーマンが幾度のイベント出店を経て感じたこと。

こんばんは。むく太郎です。

音楽イベントに出店で参加してきました。

f:id:イベント出店①

宇都宮の人気カフェ「マツガミネコーヒービルヂング」の皆さん。

ご一緒させてもらいました!ぼくは写ってないよ!

Don't Stop Music Fes.TOCHIGI【栃フェス】

我らが栃木県を代表するロックバンド「MAGIC OF LiFE」が主催する音楽フェス。

youtu.be

栃木市の強力なバックアップの元、開催されたイベントは今年で二回目。

ぼくがバンドをやりはじめた頃からCDデビューしていた、いわゆる地元バンドマンの中ではあこがれの存在でした。

ライブイベントやマルシェなどの「人と人」がしっかり見えるイベントの重要性。

f:id:イベント出店②

近年での音楽市場ではCD販売数など、youtubeなどの普及により減る一方でJA○RACが対策~なんて良く聞きます。

しかしライブの来場客数が10年前の3倍と凄まじい勢いを見せているというのもまた事実で、まさにそれを体感しました。(“CDからの脱却”急ぐ音楽関連会社、ライブは10年前の3倍に)

音楽は生で楽しむのが一番良いというのは、数えきれない音楽の現場を経験してきたから分かります。音の善し悪しでなく、会場のグルーブ。

本質は、アーティスト目当てというよりもそこにいる「音楽仲間」と時間を共有したいという人がすごく増えたこと。

どんな界隈でもシーンが動かなければ、何も続かないし、残らない。

また、生産者の顔が見える食のフェスや手作りの雑貨など丁寧に作られたものが集まるマルシェイベントも多くの人で賑わっています。

例えば商品の値段は、同じ類のものでもスーパーにあるものと比べたら格段に高いし、量も少ないかもしれません。でもそれに掛かっている職人やアーティストの気持ちや労力など大量生産では分からない「作った人の声と表情」を実感できる。これって当たり前だけど凄いよね。

CDでは見れないアーティストの表情、機械では作れないフォルムのクラフト品の手触り。そんな裏側にある大事なところに気付くと普段の視点が少しだけ変化します。

通販もいいけど、「人対人」のやりとり。それは現場でないと実感できない。

買う側でなく「買ってもらう側」をやって、このやりとりの大切さを知りました。

これも音楽と同じ。似たライフスタイルの人が時間を共有して、またさらに広がってく。

言いたいことは、そういう所にどんどん行くべき。

https://images.unsplash.com/photo-1447430617419-95715602278e?ixlib=rb-0.3.5&q=80&fm=jpg&crop=entropy&w=1080&fit=max&s=41b40988c1ddd2d81c4a91464923db87

初めは連れのお手伝いとして、野外イベントや音楽イベントにくっついていたのが今では仕切るくらいに(つい出しゃばって怒られます。)

普段は接客とは程遠い仕事をしていまして、レジなどもってのほか(自分で思っている)でお客さんとのやり取りがぎこちないとたまに指摘されますが、この当たり前のことがすごく新鮮で楽しい。

何が面白いかってみんな本気だからです。

今後ぼくも経験値を積み、「むく太郎」枠で何かしたい。

これはバンドマン時代と同じ。自分の作品を多くの人にまずは見てもらいたい。

夏フェスが気になる季節になってきました。

f:id:イベント出店

今、様々な音楽フェスが増えています。

音楽が好きだけど、行ったことが無いという方は、ぜひお近くのライブに足を運んでみてください。音楽だけでなく「食」「もの」「体験」などの幅広いアトラクションで誰もが楽しめ、お年寄りや乳幼児にも優しい、ホスピタリティ溢れるシステム作りをどのイベントも考え、積極的に実行しています。

newacousticcamp.com

ぼくはこの「NEW ACOUSTIC CAMP」をおすすめします。

ざっくりいうと「高原で素敵な音楽とおいしい食べ物が楽しめて、キャンプできる」

フェス初心者の方も大型フェスに飽きてきた人も。

まだ先ですがぜひ行ってみてください!

すごくいい刺激。

youtu.be

青春の上海ハニーが幸運にも聴けて(観れて)、テンションが上がったまま終わったGW。

音楽は辞めてしまったけれど、DIYにその情熱を注ぎます!

では。じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」

DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」

DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」

 

-30代の人生設計

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.