Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/28 20:20:05時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 机・テーブル

【DIY】パイン材を使ったシンプルでオシャレな机の作り方

 むく太郎です。

DIYをやるなら、1度はチャレンジしてみたい「机」

前回に引き続き、今回は「天板」の製作と取り付けを行っていきます!

f:id:shakesound:DIY机の作り方

まず、おさらい!

今回は、こちらの机DIY製作エントリの続き。

DIY初心者必見!オシャレな木の机の作り方をご紹介

続きを見る

机の「顔」となる天板、果たしてうまくでき上がるのでしょうか。

材料はこちら

  • 天板用ホワイトパイン板     24mm×285mm×1820mm 1枚
  • 8mm径ダボ            適宜

ホワイトパインの1枚板を半分にスライド丸ノコでサクッとカット。

Sponsored Link

 

さっそく製作に入ります。

天板など幅があり、正確性を要求される木材カットには、この「スライド丸のこ」という電動工具を使います。

パイン材の一枚板を一気に直線切り。

集成材 笠木【TH】 【 ロイヤルパイン(無塗装) 】厚 30mm×巾 180mm×長さ 2000mmアイデア1つで様々な用途に使える集成材 カウンター/階段/収納 /本棚/棚板/窓枠/開口枠/角型手すり等々

次は、カットした板を一枚の天板に加工していきます。

2枚の板をボンドで接着し固定

f:id:shakesound:DIYdesk2

先ほど切った天板を並べ、側面に速乾ボンドをぬり、クランプでしっかり圧着しましょう。

写真のクランプは600mm幅まで対応できます。

+P4倍E-Value 樹脂製クイックバークランプ 約600mm ERC-600M 1台[代引選択不可]

クランプは何個あってもいいですわぁ。

長尺クランプを複数持っていると、DIY作業が圧倒的に効率化しますよ!

そして、ボンド接着のポイント!

はみ出たボンドはしっかり濡れたウエスで拭き取り

(これを怠ると塗料がうまく乗らず、微妙な仕上がりに。)

しっかり取り除きましょう!

天板の接着が完了

f:id:shakesound:DIYdesk3

さぁ、できました!

つなぎ目を見ると分かります。先程のボンドの件。

これが良くない例です…

はみ出たボンドを乾いた布で擦ったために汚らしい状態に。

接着部を念入りにヤスリ掛けすることでだいぶ解消できましたが、この無駄な時間をつくらないようくれぐれもご注意を。

つなぎ目に波釘など補強するとさらに丈夫で安定します。

脚と天板の取付編!まずは「位置決め」

f:id:机DIY脚①

(作業台や長机があると便利です)

天板が完成したら、脚に取り付けていきます。

天板を脚の下に敷き、取付位置に墨付けしておきましょう。

f:id:机DIY天板③

天板の長さ、奥行きと脚の位置が均等になるように位置決め。

位置が確定したら、もう一度クランプで脚と天板を挟み、ロック。

今回の寸法では下図のように設定されました。

天板をビスで固定。

f:id:机DIY天板①

さぁ、一番肝心のビス留め

L字金具で取り付けても良いですが、脚と直付けにしてみました。

この作業、位置を間違えるとビスが天板から突き抜けてくるので慎重に。

ゆっくり丁寧に作業します。

下穴→ビス→ダボ。この流れで固定

f:id:机DIY天板取付

写真の位置でビス留めしました。

むく太郎
もうガッチリよ

計8箇所しっかり固定できています。

あとはダボ埋めして、エイジング加工しても良し!

ダボを塞いだ接地面を中心に塗装前はしっかりペーパーやサンダーで磨きましょう。

粗目から中目で整えていきます!

さぁいよいよ終盤!塗装に入ります。

ワトコオイルで塗装。

机本体を裏側にし、ワトコオイルをしっかり染み込ませる感じで塗布していきます。

見えない部分もしっかり塗装。

余分なオイルは、布で拭き取るようにします。

しかし節が多いなぁ。

それもアジといえばそうなんだろうけど。

脚と同様にワトコオイルを万遍なく刷り込みましょう。

2度塗りすることで色合いに深みが増し、木目がはっきりと出てきます。

そうそう!

塗装前に角の部分をぼくはグラインダーでゆるくカーブを付けて面取りしています。*トリマーで面取りし直しました!*

詳しトリマーの説明は、この記事でご紹介しています。

塗装はまだまだ続きます。

アンティーク感を醸し出すBRIWAXで上塗り

f:id:机DIY天板ブライワックス塗布

ワトコ塗装が乾燥したら、天板仕上げにブライワックス

ワトコオイル同様に布などで薄く塗り拡げて行きます。

これをすることで、天板の保護とツヤ感、撥水力をもたせることが可能に。

天板、すごくいい表情していますね!

ワックスを塗布する前に#400のサンドペーパーで磨き、毛羽立ちを押さえると手触りが最高に!

切り口部分もしっかり塗布して、最後はウエスで磨いていきます。

光沢が出てくる、あの瞬間が大好き。

たった1つの木のデスクが完成!

f:id:机DIY簡単

むく太郎
完成しました!木の机!

トータルでかかった木材費はざっくり4000円ほど。

予算以上に良いものができました!

やっぱりすごい達成感。

f:id:机DIY簡単②

何でも作ったものはそうですが、例えばこれをお部屋やダイニングに置いた時になんだか「ほっ」とする感覚がします。

この机の作り方をマスターすれば、サイズを変えていくだけで自分好みのマイデスクが作れちゃいます!

棚受けに棚を入れれば、使い勝手もアップしますよ!

Sponsored Link

1枚板でも、合板でもOK。

待ちきれないので早速、使っていきます。

あとは、自分のデスクを使っていくだけ

でき上がった机で、さっそくこのブログを、今まさに書いています。

自分で作るからこその味わい、達成感、愛着。

ヤスリがけの苦労が報われた瞬間です笑

※同じ材料、手順で作った別の机です。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

では、じゃばら。

 

-DIY, 机・テーブル

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.